リセ東京公式レポート@如月玖音

皆様お久しぶりです。初めましての方は初めまして。如月玖音です。
長らくWDJはチームでファンタブログをやってきた(後半の更新頻度の少なさは反省点)のですが、リセ発売とのことでチームメンバーもやり始めたことから、リセもやるよ!みたいな報告を。何はともあれ発売おめでとうございます。函館にはもうパックの在庫がないです(絶望)。

さて、今回は東京公式の報告を。対して成績も残したわけでもないですが色々と感じ取ったことを書いていきます。私自体リセのルールはある程度知っていて、旧リセでは限定構築デッキを何個か触れてはいたんですが、私自身本格的に始めたのは新リセから。そのため、プレイングとかわからないことに関しては周りのプレイヤーを見て判断しようと意気込んで、大会に臨みました。

手持ちのデッキが月単、雪単だったことがあり、とりあえずまだ手持ちでは勝率の高い雪単を選択しました。

1戦目 宙単 後手 ○
初手ブラドから入られて焦る私(経験なさすぎて何が正解かわかってない顔)。
荊軻引けていたため、処理できたことは良かった...はずだったんですが、打点を通すのに苦労しました。展開的には、清姫対面のアルテラ、カーミラ対面の弁慶で止まりつつも、ジークフリートで何とか打点を入れてぎりぎり打点レースに食らいついていく。
最終的にアルテラに荊軻効果から清姫アタックでぎりぎり届きました。お互いに次のターンがない戦いだったため、本当に何とか届いたといった印象でした。未行動状態にしてくるカードが主に飛んでこなかったことに助けられました。


2戦目 宙単 先行 ○
先手カーミラ清姫でターンエンド。相手が大型を引けていなかったこともあって、レオニダス対面ハサンで冷静に対処することが出来ました。また、除去カードなども多く引くことが出来たため、ボードを取りきって押し切りまで。
先手取った時の雪単のパワーを実感しつつ、後手取った時どうやって盤面について触れようと思ったのは内緒です。

3戦目 宙単 後手 ×
先行アルテラ、スカサハで苦しい立ち上がりに。清姫、カーミラで返すもレオニダス対面にハサンが引けない。
最後の最後まで除去が殆ど引けなかったこともあり、ボードを返せず負けまで。ほぼ理想的な展開からゲームメイクされてしまったことも起因するのか、返し方を思いつかず...。どうにか妨害をしたかったんですが、妨害しようとしてもDFのキャラに清姫が相打ちに取られることから除去を前に打てなかったことは構築上のミスともいえる問題になりました(アイテム積んでない)。

終わった結果だけ見ると一番やられて苦しい展開に持ち込まれてしまいました。何もできないように思えましたが、その中でも細かなミスは沢山あったと思います。また、やられて覚えなければわからないこともあるため、今後実践あるのみ。基礎固めないとなぁ。

4戦目 日単 後手 ×
先行、金時、SRネロと見えて日単なのは理解する私。理解した瞬間に手札を見ると、清姫はいるけど打点要員が他にいないことに気が付く(マリガン後)。何と言っても除去もないという問題に。立ち上がり弱いけど何とか食らいついていこうと思い、とりあえず清姫を立たせつつ後ろを固める方針...と思ったのもつかの間、後ろに立たせるキャラクターは相打ちもとれないしマシュ3種もどこにもいない。
...あれ、これってもしかしなくても事故なのでは?と内心で考えながらも、あきらめずに対戦を続けました。とはいえ後手の立ち上がり失敗に加えて、打点レースでの大負けは流石にどうしようもなく、返せずに完封負け。
対戦終了後、ファンタやってました?と聞かれて逆に驚いたのは内緒です(地方民だからなぁ)。


何はともあれ、ここで本戦はドロップ。2-2でした。カードの知識はあってもリセというカードゲームに対して知識が足りない...!
ドロップ後は経験を積むためにバトラに移行しました。

結果から言えば4-5でした。
大会前日に作った、デッキ内容が色々と足りてない日単が4-2。月と雪で0-3でした。
....関係はないですが、9戦で先手は2回だったらしいです。

本戦と合わせても先手回数は3回......これはプレイングの基礎固め以外にもじゃんけんで勝つ練習をした方が良さそうですね...!(錯乱)


とりあえず、函館では大会がなかったため、やはり大会に出てみなければわからないことは多くありました。
特に構築面になります。雪単にアイテムを入れてなかったこと。実力行使の枚数が足りていなかったこと(当日は2投)。ガンドいらないんじゃない?だとか、その他etc...。予想はしていたけど環境は日、宙、花が多いこと。自分の想像以上に多くのプレイヤーが使っててびっくりしました。

東京遠征はファンタの最後の公式以来の二回目となりました。今回は自分も殆ど初心者とあり、勉強していかないといけないと意気込んでの参加でしたが、実際には多くの新規ユーザーの方もいたため、これからみんなゲームに慣れていくんだろうなという印象を受けました。いろんな人とも話が出来たし、本当によい経験となりました。大型大会に出たことはほとんどなかったので、やっぱり大人数で一つのことをやるって面白いですね。


大会と言えば、函館には今公認大会がありません。取扱店も多くないのが現状です。あまり知られていない理由として初心者講習会などが行える店舗がなかったのもあると思います。...とは言っても、何らかの形で周りの人にリセの面白さを伝えていきたいと思います(自分のできる範囲となってしまいますが)。


最後になりますが、参加された皆さん、お疲れさまでした。
しるぶりさんも大人数の大会運営、大変だったと思いますがありがとうございました。札幌公式待ってます!

以上、東京公式のレポートでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

人数カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR